高血圧がヤバすぎて死にそうだったからお酒止めた

健康

診断の日

ーえ?ワイ・・・死ぬんですか・・・?

夏の太陽が暴力的にアスファルトを照らしつける暑い夏の日、金星楽37歳は病院の診察室で初老の医師から告げられた。

そうだね。この血圧の高さだと近いうちにぽっくり逝っちゃうよ。

窓の外のセミの鳴き声は、まるで楽の血圧の高さが危険水準にあることを告げるアラームのように鳴り響いていた・・・

7月20日の出来事であった

変わらぬ日常、忍び寄る病魔の足音

医師に忠告されたにも関わらず、日々節制とは無縁の生活を送っていた。

酒は毎日、焼酎5合飲み。日々のストレスから暴食へと至るのであった。

変化は突然訪れた、椅子から立ち上がったときに立ち眩みが襲ってきた。モニターを見れば焦点が合わず目眩を覚える。こころなしか右目がズキズキするような・・・、そして鼻の奥が海水の味がした。

慌てて血圧を測ってみたところ、上が155、下が114、健康診断よりかなり悪化していた。

薬を飲めば血圧が下がるのは知っている。だが、薬は少し怖い。飲酒と血圧で検索をかけたところかなりの相関関係にあることがわかった。

酒を止めるか・・・

20で飲み始め、毎日欠かすことなく飲んできたアルコールを断つ決意を決めたのであった。

健康診断の日から2ヶ月後の9月24日の話であった。

断酒1週間

アルコール断ちの効果は目まぐるしかった。155あった血圧が145に下がったのだ。
下はほぼ変わらず110台前半をさまよっていたが。

断酒1ヶ月

もうお酒を飲まずに過ごす長い夜にもなれてきて、酔っ払って全く読んでいなかった本も読める知的な生活が戻ってきた。

血圧の方は135/104と順調に下がっていった。

断酒2ヶ月

ふとした時にお酒を飲みたくなる。だけど死にたくない。

その葛藤に揺れていた。血圧は高くなったり低くなったりと安定しない

おおよそ130の100と下の数値はあまり改善しなかった。

11月の話である。

断酒3ヶ月

世間はクリスマスで浮かれていた。

私も血圧の数値が良かったのでウキウキであった。

ついに下の血圧が85になったのだ。85でも、実は1オーバーしているが・・・

禁酒して3ヶ月、155/114あった血圧が125/85とほぼほぼ正常値に戻った

この日は、久しぶりに深酒してしまった。

その後

とりあえず禁酒はゆるく続けている

始めて3回ほど飲んだがほぼ飲みたい欲求も感じなくなった。

ノンアルコールビールののどごしの良さにもびっくりした。こんなに美味しくなっていたのか。

そして今、この記事を書くにあたって健康診断の紙を見ていたが恐ろしいものが目に入った

血圧だけではなかった・・・・・・

健康には気をつけなければ

コメント

タイトルとURLをコピーしました